​手を着くと手首が痛い

​症状

台東区馬喰町在住55歳男性。2ヶ月前に転んでしまい手をついた時に右手首を痛めてしまった。直後は痛かったが翌日にはほとんど痛くなくなったから放っておいた。

しかしその後あと少しの痛みがなかなか治らないという。

​施術

来院時、床に手を着くような動作で右手首の甲側に強い痛みがあった。

姿勢は猫背が強く前肩になっている。肩関節の屈曲、外転に少しひっかかりがある。肘関節にも回内運動に制限があった。

右手首の可動制限があったがその原因は肘関節、肩関節、脊柱のゆがみがからくるものだった。患部の筋緊張をとりながら、手首~脊柱までの関節の軸を調整することで大きく改善がみられました。

受傷期の痛みは右手首そのものの痛みですぐに痛みが軽減しましたが痛みが長引いてしまったのはゆがみが原因でした。

もっと詳しく

手を床に着くには手のひらを床に向けます

そのためには肘関節の回内回外運動が必要になります。

肘関節が正常に動くためには肩関節の屈曲・内旋が正常に動く必要があります。

肩が正常に動くには正確には肩甲上腕関節・肩鎖関節・胸鎖関節・第2肩関節・肩甲胸郭関節の5つの関節が正常に動く必要があります。そして脊柱も正常に動かなくてはいけません。すべてか機能することで手を着けるのです。

さらにその周辺の筋肉にも大きく影響されます。

転んで反射的に手を着いて身体を支える動作は瞬間的に全身の筋肉を緊張させます。そういうことが引き金になりゆがみを作ることは珍しくありません。

すべての関節の動きが正常に動くことで

​連動性が生まれます。

筋膜によって筋肉はつながっています。

患部とは離れた場所に原因がある可能性が

​あります。

1upカイロプラクティック

〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町5   矢野ビル 2階

​03-6260-9957

受付 平日 10:00~20:00 

       土曜日 9:00~16:00

      第2・4日曜日 9:00~13:00

​定休日 第1・3・5日曜日/祝日