腰痛防止のため腹腔内圧を高める|神田駅の整体「1upカイロプラクティック」

1upカイロプラクティック

  • 神田駅、新日本橋駅から徒歩3分
  • 完全予約制
  • お着替え無料貸出
当日予約も大歓迎です

ご予約・お問い合わせはこちら

03-6260-9957

平日10:00~20:00/土曜9:00~16:00/第2・4日曜9:00~13:00

新着情報

ブログ

腰痛防止のため腹腔内圧を高める

こんにちは。

ワンアップカイロプラクティックの松本です。

 

腹腔内圧を高めることで腰痛は防げるか

重いたい物を持つ時、息を大きく吸い込んでお腹に力をいれて

えいっ!と持ち上げます。

腰痛

お腹に力を入れると腰が安定するのは経験したことがあると思います。

重量物を挙上する際に腹腔が縦に膨らみ脊柱を前から支えるので腰が安定します。

これを腹腔内圧理論といいます。

腹腔内圧

中心となる筋肉は腹筋群、横隔膜、多裂筋、骨盤底筋群です。

よって腹腔内圧を高めることは一定の効果があるわけで、

そのための腹筋トレーニングは有効だと考えられています。

 

適度に腹腔内圧を保つために腹筋トレーニングがありますが

間違えたやり方でトレーニングをして不調を訴える方が多くみられます。

腰痛、股関節痛、違和感、ひっかかりや足の張りなど。

 

正しい腹筋

膝を曲げた腹筋をする方が多いです。

このやり方だと上体を起こす際にどうしても前ももの付け根を使ってしまいます。

前ももが硬くなると腰痛や股関節痛などの原因になります。

間違え 腹筋

腹筋に効かせるには足を台にのせておへそをのぞくくらいに上体を起こせば

十分にお腹に効きます。

 

腹筋 正しい

コンディションに気を付けて行って下さい。

腹筋トレーニング後のストレッチも忘れずに行って下さいね。

今日もデスクワーク頑張ってください。

応援していますね。

ページトップへ